menu
  • TOP
  • FEATURE
  • 【LOULOU WILLOUGHBY】SPECIAL PIECE - Papillon Argyle -

今シーズン“MOON”のテーマは
「Romantic Nightmare」
特別な装いのためのコレクションを
展開するMOONでは、
成熟した大人のロマンチシズム、
強さと可愛らしさを交えたモノトーンの世界。
フェミニンな透け感や大胆なボリュームで
モードなコレクションを展開します。
そんな中でも注目度の高い、
“パピヨンアーガイル”シリーズを
LOULOU WILLOUGHBYのデザイナーがご紹介します。

ドレスは、オーガンジー独特のハリ感と透け感を生かしたギャザーティアードのデザインに、ゴールドバックルと光沢のあるダブルクロス生地のベルトを合わせました。袖はノースリーブですっきり見せて、デコルテと裾の透け感で女性らしさと抜け感を演出。インナーキャミソールも切り替えのデザインで、ドレス本体とのシルエットの統一感を出しています。ベージュのカラーは、ベルトが締め色のバイカラーの見え方になっているのもポイント。どちらのカラーも甘くなりすぎず、大人のほんのりモードな雰囲気が漂います。同素材で仕立てたスカートは、生地の上質さを生かしたシンプルなタックデザインで、ウエスト部分を光沢のあるサテンでアクセントをつけました。ゴールドの後ろファスナーもポイントです。着丈も裾の透け感を考えて少し長めの82.5cmに設定。シーズンレスで着用可能なポリエステル素地なのでパンプスでもブーツでもコーディネートしやすいスカートに仕上げました。

ドレスはベルトを外すと、体から程よくはなれたリラックス感のある着こなしを楽しんでいただけます。ラフにスニーカーをコーディネートしても素敵です。ギャザーティアードの切り替えをヒップより下にすることで甘くなりすぎず、品のあるシルエットに。さらにベルトでウエスマークすると女性らしくモードなシルエットになります。スカートは、オーガンジー生地のハリ感を生かしたシンプルなタックスカートに見えますが、タック奥を深くしすぎないことで生地本来の柄を生かした程よい陰影ができています。また、ヒップ周りのタックが広がりすぎないよう微調節を重ね細部にまでこだわったシルエットに仕上げています。

オーガンジーにワッシャー加工を施し、表面を均一に凹凸させたファンシーなオーガンジーの上に日本でも希少で特殊な機械、原反多頭機という刺繡機械を使用してパピヨンをアーガイル状に刺繡した生地を使用しました。特に刺繡に関しては手間のかかる技法を用いて仕上げている高級素材です。透け感はありつつも、表面のシボによる独特な表情と光沢を抑えた仕上がり、パピヨンの柔らかい質感が華やかな雰囲気を演出してくれます。

【LOULOU WILLOUGHBY】
RECOMMEND STYLING
8LOOKS

– Beige –
model: 176cm size: 02


女性らしく柔和な雰囲気が漂うベージュは、ニュアンスカラーでまとめたり、ブラックで引き締めるのも。ドレスは付属のベルトをオフしてさらっと一枚で着れば、リラックス感のある大人のドレススタイルの完成。

ビスチェプルオーバー¥20,900
パピヨンアーガイルワンピース¥69,300
総針クルーカーディガン¥26,400

– BLack –
model: 172cm size: 02


ほんのりモードな雰囲気を纏うブラック。ドレス一枚でも、シンプルなワンツーコーデでも上品に決まるブラックはモノトーンの配色でまとめるのがおすすめ。

グログランドレスコート¥97,900
モノトーンレースブラウス ¥29,700
パピヨンアーガイルフレアスカート¥47,300
パピヨンアーガイルワンピース¥69,300